イデアクラフトのポリシー

家づくりで大切な事は「どんな家に住みたいか」
ではなく、そこで「どんな暮らしがしたいか」です。

お客様一人一人に個性があるように、 またそのご家族ごとに、生まれる家は違って当然です。 せっかく家を建てるなら、決まった仕様、プランから選ぶより、 ゼロから楽しく真剣に、私たちと家づくりをしてみませんか? こうして完成する家は愛着や満足度が違うはずです。 そんな「日々の暮らしを楽しくする。自分仕様の家づくり」を、 私たちとご一緒していただければ幸いです。 私たちは、新築・リフォームはもちろん、家のことなら何でも相談できる、 地域に密着した設計事務所となれるよう、日々技術の研鑽に努めています。

コミュニケーション

私たちが家をつくる上で最も大切にしているのは、お客様とのコミュニケーションです。 家をつくる場合、一人一人の顔が違うように、家族の数、生活様式、将来の夢、敷地、方位、景色など、 そこでお暮らしになるお客様の情報を総動員しないと納得の行く家はできないと考えています。


設計プロセスを大切に。

しかしコミュニケーションを取っていても、すぐにお客様との価値観の違いが埋まるものではありません。 そのため、設計段階ではプランを複数、ご提案いたします。プランをもとに話し合うことで、お客様は住まいのイメージが、私達はお客様の考え方が段々クリアになります。また、紙に描いた二次元の図面だけでは、建物の空間をイメージしにくいものです。基本設計の段階では模型や完成予想図を作成して建物を立体的にご確認いただきます。 また、敷地を見ないで設計するのは、診察なしに手術をおこなうようなものです。 私たちは必ず敷地に足を運び、様々な情報を目で得て計画に反映させます。

お仕着せの仕事はしません

画家が自分の絵の具で自分のキャンパスに自由に絵を描くのと違い、あくまでそこにお住まいになるお客様の思いや夢を大切にし、様々な素材や敷地という条件の中から一番ベストとなる解を見つけ出すことが設計で一番大切な事だと思っています。


出会いを大切に

無料相談から始まって、竣工が実現したお客様、また諸事情により実現しなかったお客様も、一期一会と受け止め、ビジネスライクでない人間としてのお付き合いを続けさせていただくことをモットーにしています。

建築家と職人達で建てる家

CM分離発注は、従来のハウスメーカーや工務店等の元請けを通さず、実際に工事現場で働く職人さんと直接契約し、家を建設する方法です。私たち設計者が設計・監理を行いながら、お客様のパートナーとして職人さんを統括し建設を進めます。直接発注は中間流通を排除でき、価格の透明性が確保されます。結果としてコストダウンも実現できます。


スタンダード型 設計・監理 オープンシステム 設計・監理



イデアクラフトのポリシー イデアクラフトのお問い合わせ
マンガで分がる!「価格の見える家づくり」
監理日誌
ブログ 〜住まいの森
分離発注 オープンシステムについて
近江・住まいづくりの会
facebook twitter mixiチェック このサイトをはてなブックマークに追加 Share on Google+


ホームへ


PageTop