オープンシステム

オープンシステム方式

建築家(設計事務所)に工事全般の監理業務を委託。そのうえでそれぞれの専門業者と依頼主が建築家のアドバイスを受けて直接契約するため、管理費や経費が上乗せされることはありません。 オープンシステムでは工務店が上乗せしていた管理費や経費がなくなり、建築家に支払う設計監理費に一本化されますから、工事費用そのものが大幅に削減できます。

工務店への発注とオープンシステムとの比較の図
家づくりに欠かせない専門工事業者の選定に依頼主が関わることで、 文字通り「価格が見える」家づくりが可能に!
「価格の見える家づくり」へ

オープンシステムでは、依頼主と建築家が何度も打ち合わせをくり返し、専門工事業者の選定から、使用する建材や機器の選定まで、独自の仕組みをつくっています。そのメリットは...

総費用が大幅にダウン

工務店の管理費としてプラスされていた費用を削減できるため、総費用が大きく圧縮できる。

必要な部分に充分な予算がかけられる

各業者から提出された細かな見積り項目を確認できることから、ムダな部分や必要のない工事を削って、本当に必要な部分に必要な費用を充てることが可能。

オープンシステム方式と、工務店を通して 建築家に設計を依頼した場合の価格比較
まさに「価格が見える家づくり」が実現することも、オープンシステムの大きなメリットです。

あなたの家が完成するまでのプロセス
家づくりの進め方

建築家によって、住宅プランを無料で行うところや有料で行うところ、あるいは業務の手順が若干違うところなど、いろいろあります。ここでは、一般的なオープンシステムの進め方を示します。

建築家との出会い/事前相談

  • 各地のオープンシステムの建築家が無料で相談に応じています。
    土地探しや資金計画から融資先の決定まで何でもご相談ください。
  • ご相談時には、土地に関する資料や住宅に関する要望書などをご持参ください。
    ※住宅プランの作成や事前調査は有料の場合もありますので、イエヒトもしくは建築家にご確認ください。
相談風景

契約/基本設計

  • 依頼主と建築家で「業務委託契約」を交わしてから取りかかるのが原則です。
  • 依頼主家族の要望・家族構成・土地の状況・周囲の環境などを考慮して、「家族にとって最も住みやすい家」とはどういうものか、いろんな角度から検討します。主にデッサン・配置図・間取図・外観図・模型・CGなどで検討します。
  • 参考になる住宅や建材店のショールームなどを見学する場合もあります。
模型の写真

建築家との出会い/事前相談

  • 基本設計で配置・平面・外観・主な仕上げ・設備が決まると実施設計を行います。
  • 基礎鉄筋のサイズや本数、コンクリートの強度や厚さ、柱の種類や大きさ、造り付け家具の詳細など、正確な見積りと工事ができるよう多くの図面を描きます。
図面の写真

建築家との出会い/事前相談

  • 業種ごとに見積り参加業者を募集し、「発注説明会」を行います。
  • 提出された見積書の項目・数量・単価などをチェックします。
  • 業種ごとに工事請負業者を選定。予算内に収まれば、業種ごとに工事請負契約を交わします。
見積書の写真

建築家との出会い/事前相談

  • 工事が設計図面通りにできているか、建築家が検査します。設計図面通りにできていない場合は、施工業者に手直しの指示をします。
  • 工事の進捗状況を確認して、依頼主に月々の支払先と金額を報告します。
  • 工事完了検査を行い、依頼主に「工事監理報告書」を提出します。
工事風景

建築家との出会い/事前相談

  • 建物に不具合が生じた場合は、建築家にご相談ください。
  • 建築家が関係する専門業者と原因を調査して、不具合に対応します。
    オープンシステムの建物には、設計や工事のミスで建物に事故や損害が生じた場合に備えて、イエヒトが損害保険をかけています。
完成後のイメージ
「オープンシステムの家づくり」では、基本設計で3ヵ月~中には1年以上かかる場合があります。実施設計で2か月~、見積り業者選定で1ヵ月~、工事期間が4ヵ月~、設計に取りかかってから建物が完成するまで1年近くかかっているのが一般的です。
オープンシステムについて


ホームへ


PageTop