ご自宅訪問

フレンチカントリーの家

まるで小粋な高原の別荘のよう。10年後30年後も安心で心地いい“住まい方”を。

確かな経験や技術がものをいう長く愛される“滋賀の家”を。

フレンチカントリー風の外観が緑に映える黒川邸。「北側の雄大なロケーションが眺められる家」をコンセプトに楽しんで設計したそう。

高島市の緑深い高台に昨年完成したフレンチカントリーの家。悠々と広がる湖西の眺望をバックに、無垢材と白壁が調和した外観は、まるで小粋な高原の別荘のよう。ここは、オープンシステムで建てた家の魅力や可能性を実感できるモデルハウスとして公開している黒川さんの自宅です。
もともとは大手設計事務所や建設会社に勤務し、建築に対する豊富な経験を持つ黒川さん。11年前独立するにあたり、オープンシステムのことを知り、そのノウハウを教わりに、鳥取県の山中設計を訪れました。

床は無垢のオーク材、柱や梁などの木材には高島産の杉を使用し、ゆったりとくつろげるリビング。

「一般的な元請一括方式よりも設計や工事の自由度が高く、建築士としてお客様に満足してもらえる提案ができると確信したんです。でも、最初は「難しいよ」と言われました。建築工事全体をマネージメントするには、設計力だけでなく幅広い知識や経験が必要ですから。その点は、建設会社時代に培ったものが役立っています。」
木造の在来工法を基本としながらも、必要に応じて別の工法や現代技術を柔軟に取り入れるイデアクラフトの建築スタイル。さらに滋賀という土地柄に合わせ、「地域材を適材適所で使用し、湖北や湖西などの雪の多い地域の気候風土を熟慮した丈夫な躯体を標準仕様にしています。10年後30年後も安心で心地いい“住まい方”を提案したいんです。この家を見て、“設計事務所に依頼する良さ”を知ってもらいたいですね」


ホームへ


PageTop